BLOG

南米旅行2016

argentina

2016年1号目の「UNABARA」が無事に」校了し、3月25日に発売となります。今号の特集はアルゼンチン。春に発売される号で、夏気分をいっそう盛り上げて欲しいと、真夏のアルゼンチンへ行ってきました。

そもそも、なぜアルゼンチンだったのか?

その理由は一冊の写真集です。もう10年ほど前に見た菅野パンダさんの写真集「南米旅行」がインスピレーションになっています。サーフィン畑を歩んでいると、南米のビーチと聞いたときにはブラジルが浮かびます。強い選手がたくさんいて、情報量も多い。一方のアルゼンチンは、海にまつわる情報に乏しい。ところが南米大陸を歩きまわってつくられた写真集「南米旅行」では、アルゼンチンの海を紹介していて、旅ごころをくすぐられたのです。

そこに写っていたのは、およそこれまで見聞きしてきたビーチ事情とはかなり様相が違うもの。カリフォルニアやバスクのように洗練された光景ではなく、簡単にいえば「南米らしさ」とでもいうのか。あけっぴろげで、無防備に、真夏の太陽を全身に浴びてたのしむアルゼンチンの人たちが写っていたのです。

調べていくと波のあることがわかり、サーファーともつながりました。

これは面白いことになりそうだ。なにせ、北米やヨーロッパのように情報あふれる場所ではない。最小限のツテを得ながらも、その点を入口にしてどこまで世界観を広げていけるのかという勝負。

そんな気持ちがふつふつと芽生え、5年ほど前に同じようなスタンスでヨーロッパの大西洋岸を一周した相棒、写真家の高橋賢勇くんに声をかけました。さらにサーファーを登場人物に機内安全ビデオを制作したニュージーランド航空が、ブエノスアイレス線を就航させたこともひとつのきっかけです。同社が企画に賛同してくれたことが後押しとなり、僕らは真冬の1月下旬に離日できたのです。

結果は、30ページを越える大特集となっています。

東京からブエノスアイレスまで約30時間という移動の長さは、それだけで遠さを感じてしまうものと思いますが、遠い場所だからこその経験、体験というのがありました。すでに僕はホームシックのようになっていて、いつかまた、今回よりももっと長い日取りでいきたいと思っています。そう感じさせる魅力は、UNABARA2号目に描きましたので、ぜひ見てみてください。

2016-03-20 | Posted in BLOGNo Comments » 

 

モロッコ周遊(2015年年末〜2016年1月)

01

02

03

04
05

06

07

09

10

11

12

13

 

morroco

15

カサブランカ〜マラケシュ〜オートアトラス〜メルズーガ〜サハラ砂漠〜ワルザザード〜エッサウィラ〜マラケシュ

 

2016-03-20 | Posted in BLOGNo Comments » 

 

20年後に見る夢のカタチ

IMG_3184

およそ20年後に還暦を迎えたとき、「まだカラダが動くうちに」との思いを込めて訪れたくなる場所はどこだろう。そんな疑問を抱かせてくれたのは、昨秋、雑誌の取材で訪れた南西フランスで、たまたま出くわした川南活さんだった。

活さんは日本のサーフカルチャーを代表する、いわばレジェンダリーなサーファーでシェイパー。自身のブランド、KATSU KAWAMINAMI SURFBOARDSを湘南で手がけている。

当時の活さんは64歳。湘南在住の田中俊人さんと一緒に、波を当てようとスペインとの国境近くにあるギタリーという小さな村に投宿していた。十数年ぶりの再訪だったようで、身体的、経済的、生活環境的に「まだカラダが動くうちに」とやってきたらしい。

ギタリーは世界レベルのビッグウェイブが期待できる場所として知られる。しかし日本からのアクセスは24時間以上を要するため、アジア人すら滅多に見かけない。そんな場所へフラリとやってきてしまうのだから、その視野の広さやフットワークの軽さには驚くばかり。しかも持ってきたサーフボードがビッグウェイブ狙いの1本だけだった。

ハワイでなく、バリでもなく、フランスという感性と、ビッグウェイブもお手の物な技術。これまで活さんが送ってきたサーフィンライフの道程を思うと、とてもロマンチックに響く。なぜなら、サーフィンにすべてを捧げた、純粋で濃密な人生だったはずだから。

2016-03-19 | Posted in BLOGNo Comments » 

 

寒く冷たい冬のモチベーション

surfboard01

 

新しいモノを手にするとテンションがあがるのは、きっと何でも同じこと。洋服だっておもちゃだって同じ。たとえば、今年はこれで滑ろうと、新しく購入したギアやウェアがある場合とない場合とで、ウインターシーズンへの意識は変わってくる。ソールにワックスを塗って、部屋で鏡を見ながら試着をして。そうして雪の便りを待つのは、おそらくニューボードやニューウェアだからこそ。

で、四季のある日本で、寒く冷たい冬の海へ、夏のように足しげく通うのは、やはり難しいものがある。ただ、新しい何かが背中を押してくれるということを、冬を前にサーフボードをオーダーしたことで知ることができた。

とある晩秋。訪れた工房の主、Yさんは、「え、6’0”? そりゃ短いよ」と言い放った。サーフボードを新調するうえで、参考にと今使用している持っていった1本を見せたときのことだ。

「小山内、自分のカラダの大きさをもっと自覚した方がいいよ。カラダつきだけを考えればデーン・レイノルズのスペックだけどさ。向こうは世界のトップサーファーだからね。小山内は、週に1度いけるかどうかでしょ。楽しむことが何より大切で、それにはもっとサイズがあった方がいいよ」

そして「今俺が使っているのを見せてあげるよ」とクルマから取り出してくれたのは、6’8”のクアッドフィッシュ。長さがある割に流線型のフォルムがシャープで、カッコイイのひとこと。ガンダムのモビルスーツや、スーパーカーといった、最先端技術が搭載された近未来的デザインを思わせるクリアなサーフボードに、男ごころはキュンキュンとうなった。

自分の欲しいカタチを自分でつくりだし、海に持ち出してはサーフをたのしむ。それは欲しいおもちゃを自分でつくってたのしんでいるといってもいい。シェイパーとはなんとうらやましい仕事なのか。そう思わされてしまったら、サーフボードを熟知するYさんにすべてを委ねたくなってしまった。

「長さはどうする?」「テールのかたちは?」「フィンの数は?」「色は? エアブラシやティント、ピグメントもあるよ」と次々に質問がやってくる。と同時に、同じく持参した今使っている6’6”のシングルスタビがお気に入りで、それをもうちょっと動くようなデザインが欲しい、というのが今回のオーダー内容であることを告げると、こんどはバリエーションある答えを用意してくれた。

「動きを出すためにノーズエリアをじゃっかんシャープにする。そのぶん幅を持たせて、あとはテールのカタチをどうするか。ラウンドでもスカッシュでもフィッシュでも、それは好みの乗り味次第で決めていいと思う。フィンはトライかクアッドがいいかな。違った乗り味をたのしみたいなら、クアッドがおもしろいかもよ」

長さについても。

「小山内が使っているのは6’6”だけれど、もうちょっと長さを出してもいいと思う。6’8”とかね」

動きやすさを出すため「6’2”とか6’4”とかですかね」と短めのサイズをいうと、その言葉はくつがえされた。なるほど。きっとYさんの頭のなかには、すでに完成図があるのだろう。今使っているサーフボードのランディング感をイメージし、そこにリクエストの内容を組み合わせる。さらに僕のカラダの大きさ(178センチ、78キロ)を見て、スペックを出していく。

強制的にではなく、あくまでこちらの要望に対して、「こういう選択肢があるけれど、どうする?」といったスタンスでYさんは接してくれた。答えをこちらに委ねてくれつつ、決断に迷うと、「Aを選ぶとこういう感じ。Bだとこういう感じ」とヘルプを出してくれる。そうしてひと通りの会話が終わると、残っていたのはたのしみでしかなかった。仕上がってくるサーフボードそのものと、そのサーフボードをもって海へ行くことへのたのしみだ。

「どうせ冬はスノーボードにいって、あまり海へいかないんだろう?」ともいわれたが、いやいやどうして、新しいサーフボードはとても大きなモチベーションになってしまった。しかも、10月上旬に行ったフランスで波があたってしまい、ひさびさに緊張感のある波でサーフをしたことがサーフ熱を高めてもいた。

フランスのビアリッツ周辺ですごした滞在では、ここ数年の、ゆるくメローな波でのサーフィンばかりの日々にお灸をすえられたような、背筋がピンッとのびる波でのサーフタイムが多々。あ、もうちょっとちゃんとサーフィンしたいな。帰ったらサーフボードをつくろう。そう感じて、Yさんのところにやってきたのだ。

「そうか。だったらもっとサーフィンたのしくしてあげるよ。サーフィンは、キープ・パドリング、キープ・リッピングだからな」

未来を想像したたのしい時間はおわると、今度はまた違ったたのしさ浮かんできた。待望のサーフボードは年明け1月にやってくる。いわれなくても日本の冬は寒い。寒いけれど、暖かい春までパドルアウトを我慢できる気はしない。

2016-03-19 | Posted in BLOGNo Comments » 

 

今いちばん日本にあって欲しいモノ

unnamed-2

 

写真にある天然色に富んだパノラマは、ロサンゼルス中心部から1時間半ほど南下したソルトクリークビーチパークでのぞむことができる。

雲ひとつない青い空、空よりも青が濃い太平洋、白波が打ち寄せるベージュ色の砂浜、きれいに整備された緑の芝生。人工的な匂いが少ない景色のなかを、様々な年齢のサーファーはビーチへ急ぎ、近隣に住む人たちは散歩や芝生での昼寝を楽しんでいる。

少し前、ひさびさに訪れて見た光景は、初めて訪れた18年前と変わらなかった。つまり、海での時間が暮らしを彩ることを、このビーチパークを訪れる人は知っているのだ。

なにより、地域住民の声により誕生したという歴史が、海での時間を大切にする意識の高さを物語る。

風光明媚なビーチタウン、ダナ・ポイントにあるソルトクリークは地方行政組織オレンジ・カウンティ(群)の管理下にあるが、現在の状況に至った背景には市民運動があった。1960年代、私企業が宅地開発用に現ビーチパークの土地を購入したことに対し、地域住民を中心とした“セイブ・ソルトクリーク”運動が発生。その帰結として、同カウンティが買い取ったのである。

カリフォルニアにおける快適なビーチパークはソルトクリークだけではない。オレゴンとの州境からメキシコ国境に至るまで州の沿岸に点在。すべてにおいて市民運動の有無は定かでないものの、ビーチパークの存在は、海との距離が近い生活模様があることを教えてくれる。

ところが日本の海のこのようなビーチパークはほとんどない。湘南にしろ千葉にしろ、休日をつかって家族や友達と向かい、気軽に1日を過ごせるビーチはどれほどあるだろう。駐車場は高い。ビーチに無料のシャワーはない。天然芝生が敷き詰められたビーチパークはもってのほか。言い換えれば、海を感じてゴロリと寝転がったり、みんなでバーベキューをしたり、という休日を過ごせる機会に乏しいのである。

今はオリンピック種目にサーフィンが候補となる時代。それほど社会的な認知度が高まっているのだから、海の環境を整えたいという声を発するいい機会のように思える。

大切なのは、サーファーだけの居場所ではなく、海が好きという多くの人が憩える場所にすること。

しかも日本のコーストラインはカリフォルニアのそれよりも長い。海はより身近であっても良いのだから、あとは海で気軽に楽しみたいという人の輪をつくっていくことが、とても大切なことなのである。

2016-03-19 | Posted in BLOGNo Comments » 

 

ビーチカルチャー誌「UNABARA」発刊

SRF160211
記念すべき1号目のUNABARAによせて頂いた数々の原稿のなかで、内容をたのしみにしていたひとつが、西田亮介さんによるコラム。西田さんは情報社会論と公共政策を専門とする社会学者で、現在は東京工業大学マネジメントセンター准教授の職にある。いわば自由な気風にあふれるビーチカルチャーやサーフィンとは対極な場所で活躍している人といえる。

しかし、興味深く感じていたのは、慶応大学の藤沢キャンパスに通っていた学生時代にサーフィンをはじめ、湘南にあるサーフショップの大会で優勝する腕前を持つということ。ツイッターのプロフ画像を個性派サーファーとして知られるオジー・ライトにしているほどのサーファーだということだった。

つまり、社会を俯瞰して見られる視点と、サーフィンへの造形深さをともに持つ、非常に希有な人。もっと分かりやすくいうと、サーフィンのすばらしさを、しっかりと翻訳して世間に伝えられる人。それが西田さんなのではないか。そう思ったことが、原稿をお願いする背景にはあった。

そして実際に打ち合わせの場である立命館大学の東京キャンバスで言葉をかわしてみると、これが非常におもしろい。まず、社会性と相容れない部分はむしろサーフィンの魅力であり、しかもサーファーたちは自分たちで社会をしっかり築いていて、独自の価値観で生きていることを、自分の言葉で話された。それだけ西田さんのカラダにサーフィンが染みているということなのだろう。

一方、学者として、サーフィンの魅力をサーファーではない人に伝えることの必要性を感じてもいた。小誌UNABARAに掲載された本稿では、消波ブロックの投入でサーフスポットが消滅してきたことや、多くの人はサーフィンが海水浴場外でおこなわれることを知らないといった具体例をひき、サーフィンの本質を存続させるために、社会性あるコミュニケーション手段“も”必要ではないかとしめている。

僕自身、UNABARAをはじめるにあたって考えていたことは、海側の文化のすばらしさを、海側にいない人へ伝えていきたいことだった。なぜなら日本のサーフィンは確実に前進を遂げているから。日本の山にはあるように、日本の海にも文化をつくっていきたく、そろそろ実現できるタイミングだと感じたからだった。

サーフィンが東京オリンピックの追加種目候補となったり、何より西田さんのようにアカデミックな世界にサーファーがいる時代となった。以前からトレンドに敏感なマスコミ人やファッションピープルにサーファーは多くみられたものの、おそらくはこれからの数年で、行政や銀行といった堅いといわれる職業にもサーファーを普通に見つけられる時代がやってくる。

そのような時代を生きる僕らの子供や孫の時代を思えば、サーフィンの世の中への浸透具合は今の比でなくなる。野球やサッカーのような生涯スポーツとして楽しまれる時代とて夢ではない。

夢ではないからこそ、今、そしてこれからの時代に必要なことは、いっそう多くの人にサーフィンの、ビーチカルチャーのすばらしさを知ってもらうことにある。そうすれば海岸の環境は社会の資源として整備されていく。そこにいるだけで心地よいビーチが、日本の各地に生まれていくことになる。

そう伝えてくれるのが、西田さんのコラム。UNABARAもその論調と同じスタンスをとり、これからも雑誌制作にまい進していきたいと思う。

2016-03-19 | Posted in BLOGNo Comments »